ついってゃー速報

Twitterを育てるノウハウを主に細かいTwitterの仕様から便利なツール、アプリを紹介しています!

Twitter

サポート提供アカウントになって自動DMを送れるようにしよう!

投稿日:2017年11月23日 更新日:

みなさん、ツイッターのプロフィールでベルみたいなマークの横に主な「営業日や営業時間: ○○」みたいな項目がある人見たことありませんか?
実はこれとある設定をすると表示される項目なんですよ!

そして、設定をすると...
DMを開いてくれた人に自動でDMを送信してくれます!

今回はツイッターでDMを開いてくれた人に自動でDMを送信する方法を紹介します!

 

1. 自動DMの設定をしよう!

実はこのやり方別の連携アプリを使うわけではなくツイッター公式の設定なんです!

まずはこのページに飛びます↓
https://business.twitter.com/i/settings/support

沢山チェックを入れたりする項目があると思いますが英語で分からない人の為に簡単に説明していきます!

「Direct Messages」
誰からでもDMを受け取れる設定にするかです。チェックを入れましょう。

「Support account」
サポートを提供するアカウントにするかどうかです。チェックを入れましょう。
チェックを入れると他人からツイッターのプロフィールを開かれた時に大きくメッセージボタンが追加されます。
またアカウント検索の結果でサポート提供中と表示されるようになります。

「Support hours」
サポートを提供している時間です。例えば貴方のアカウントで物を売っているとします。その場合DMが来たときに対応出来る時間を設定しましょう。

ビジネス用ではなく、自分のコンテンツの宣伝等に使いたい場合は24/7にチェックを入れておけば営業時間年中無休になりどの時間でも自動でDMを送信出来ます!

 

2. 自動で送信するメッセージを設定しよう!

「Welcome message」
自動で送信したいメッセージの設定をしよう!

使い方の例として、ビジネスとして使いたいなら売っている商品のリストを送信するもよし、ボクのようにyoutubeの宣伝をしたいなら「URLとチャンネル登録お願いします!」とメッセージ作るのもよし、ただ友達作りたいだけなら「仲良くしましょう!」でもいいです!

DMのページを開いた人はいきなりDMが送られてきてサポートアカウントの仕組みを知らない人は自分がDMしようと思って開いたタイミングでメッセージが来るわけですからビックリしてくれるでしょう!

送りたいメッセージが出来たら「save」を押して設定完了です!
こうしてサポートアカウントにすることでDMボタンもこのように大きく表示されるようになります。

自分のDMを開いてくれた人に自動でメッセージを送れるわけです。便利!!

 

まとめ

  • ビジネスから宣伝、コミュニケーション何でも使えるサポートアカウントになってみよう!
  • サポートアカウントの設定をすれば自動でDM送信が出来る!

 

336広告




336広告




-Twitter
-

Copyright© ついってゃー速報 , 2019 AllRights Reserved.